[2] クロマトグラムからわかること ピーク形状:サンプルマトリックによりもたらされる反応性

2011-jaap-pasfoto4クロマトグラムは指紋のようなものです。クロマトグラムを”読む”ことができれば、なにがその結果をもたらしたのかを知ることもできます。このシリーズでは、ユーザーの皆様からいただいたGCのクロマトグラムを示し、そこに現れている現象の潜在的な原因について説明しましょう。そして解決策を考えてみましょう。 

Figure 1: Analysis of underivatized amphetamines solvent standard after 71 injections of liver, blood and urine, 65 HFAA Derivatized amphetamines with no cleanup. Note the reaction platform after the injections (green trace)

図 1: 肝臓、血液、尿中の65HFAA誘導体化アンフェタミンをクリーンナップせずに71回注入した後の、非誘導体化アンフェタミン標準溶液の分析。緑のクロマトグラムが示す反応プラットフォームに注意してください。

図1のようなピーク形状が見られました。肝臓、血液および尿中の 65HFAA誘導体化アンフェタミンをクリーンナップせずに71回注入した後、非誘導体化アンフェタミン標準溶液を分析した際の興味深いピーク形状です。.

もともと、アンフェタミンとメタンフェタミンのピーク形状(赤いクロマトグラム)は良好でしたが、時間経過とともに緑のクロマトグラムのようにピーク形状が悪くなりました。前回のピーク形状に関するブログと同様に、”反応プラットフォーム”が形成されているようです。

これはかなり汚いサンプルで、クロマトグラフィーへは大きな影響を与えます。

最初に疑われるのはライナーで、確かに問題を引き起こす可能性はあります。しかし、通常ライナーはこのようなプラットフォームは引き起こさないと考えられます。ライナーにおける典型的な反応の場合、スプリットレス注入でもその分解物はシャープなピークになります。

今回の場合、マトリックスが分離カラムの注入口側を変化させ(汚染)、それがカラムに反応性をもたらしています。アンフェタミンがこの活性が生じた部分を通過する際に、分解されたと考えられます。

 

この現象を軽減するには:

カラムの注入口側の定期的なカット:  カラムは短くなり、保持時間に影響を与えますし、最終的には分離効率に影響します。

ガードカラムの使用:  不活性化処理されたフューズドシリカをガードカラムとして使用できますが、反応性が問題の場合、そのためにコーティングされたガードカラムも使用可能です。コーティングされたカラムは通常、汚染/活性化に対してより許容量があり、耐久性は良くなります。

注入量を減らす: 注入量を減らしても検出限界が達成できるのであれば、ライナーとカラムの耐久性を延ばすことができます。

サンプルクリーンナップをおこなう:余分な作業は必要となりますが、妥協は必要です。

 

The original blog was published on May 1, 2013 @ 08:31.

 

Leave a Reply